ネットで復活弘法倶楽部「弘法倶楽部」セレクトショップホームへ戻る

「弘法倶楽部」セレクトショップ

大和十三佛御宝印軸

「大和十三御宝印軸」とは、大和十三佛を参拝できない方に代わってお参りし、納め札を奉納して頂戴する貴重な卸朱印(=卸本尊の分身)が一堂に会した、まことにありがたい掛け軸です。

貴重な卸朱印が一堂に五如来・一明王・七薩が十三佛として祀られるようになったのは、室町時代のこと。「遺族が追善供養することで、十三佛が亡くなった方を守護してくださる」と人々に信仰され、初七日にはじまり、七七日、一周忌、三十三回忌までの13回の重要な御本尊をして十三佛の画軸を掛けることが慣わしとなりました。


忌日と仏様の関連は、以下の通りとなります。

忌日 仏様 忌日 仏様
初七日
不動明王
百箇日
観音菩薩
二七日
釈迦如来
一周忌
勢至菩薩
三七日
文殊菩薩
三回忌
阿弥陀如来
四七日
普賢菩薩
七回忌
阿しゅく如来
五七日
地蔵菩薩
十三回忌
大日如来
六七日
弥勒菩薩
三三回忌
虚空蔵菩薩
七七日
薬師如来
   

この風習は現代にまで色濃く残り、それ故十三佛巡りをする人は今なお絶えません。特に、日本仏教発祥の地であるとともに、日本の歴史発祥の地でもある奈良の大和十三佛巡りは、古今人気があります。本作品には、その美しき大和路の名刹十三か寺に祀られる御佛が画面いっぱいに画かれ、上下に御朱印が配されます。

霊山寺貫主の箱書、桐箱入り。
箱蓋裏書は、十三か寺の貫主の一人が持ち廻りで筆書しています。

仕様・体裁

軸寸法 縦185cm×横59cm(軸先65cm)
本紙 絹本
本紙寸法 縦129cm×横44cm
総縁(天地) 小菱地一重蔓牡丹
桐箱 秋田桐
防虫香 上品防虫香

表具仕様

仕立 緞子表装仕立
一文字 赤冨田雲
中廻し 肌色字金牡丹唐草
軸先 上塗黒頭切

商品番号 KY-01

価格 298,000円(税込) 送料別
数量
お問い合わせはこちら
弘法倶楽部会員募集!
アートアカデミー
骨で聴く.com